夫婦

美肌は食べ物で作れる|理想の肌になれる成分と効果

休眠状態と賞味期限

ウーマン

賞味期限が長い理由は

乳酸菌が含まれているサプリメントがあります。ソフトカプセルや錠剤として販売されていますが、乳製品と同じようにその乳酸菌は生きています。ただし、生きていると言っても乳製品と大きく違うところがあります。それは休眠状態に入っていることです。サプリメントの多くは賞味期限が2年ほどと長いのは、休眠状態であるからです。一方、一般的な乳製品の賞味期限は数週間程度です。乳製品の乳酸菌は生きているため、活発に活動している分だけ寿命が短いわけです。そして、休眠状態でも摂取すれば十分に効果があります。なぜならば、体内は活発になる湿度・温度になっているからです。サプリメントを摂取することで、休眠状態から目覚めるわけです。

開封したら早めに使い切る

つまり、保管するときは休眠状態のままであるのが一番です。先ほど述べたサプリメントの賞味期限はあくまで開封しない状態です。開封されると外気に含まれている湿気に触れることになり、休眠状態から目覚めやすくなります。そのため、まず開封したら数週間のうちに使い切ることが大切です。基本的にはパッケージに書かれている分量を目安に毎日摂取し続ければ問題ありません。メーカーも消費されるペースと乳酸菌の賞味期限を考慮して梱包されています。また、乳酸菌は高温多湿になると休眠状態から目覚めるため、なるべく涼しくて乾燥している場所に保管するのがベストです。特に、高温多湿の夏に開封したら、冷蔵庫に保存した方が無難だと言えます。